MENU

CLOSE

むくみ解消の為に行いたい睡眠前のマッサージ・ストレッチ方法3選

むくみ解消の為に行いたい睡眠前のマッサージ・ストレッチ方法3選

246views

カテゴリ:未分類

むくみを取るにはまず足の裏から

むくみは女性の対敵です。パンパンに腫れた足で寝てしまうと、リンパが流れないままになってしまい、翌朝もダルさが残ってしまいます。むくみを感じたときは、必ずその日のうちにマッサージ・ストレッチをしましょう。むくみに効くサプリメントと併用すると、より効果的です。


まず1番最初に触るのは、足の裏です。足の裏もむくみと直接関係してきます。冷えているとなかなか効果が出にくいので、できるだけ足の裏があたたかくなっている状態で行いましょう。

  • セルフ足裏マッサージ

①5本の指を広げてあげます。隣と隣の指の間は常にくっついているので、できるだけ手の力で離します。

②手の指と足の指5本を絡め合わせて、ギューッと握ります。力いっぱい握ったあと、そのまま足首をぐるぐると回します。左右数回ずつゆっくりと回します。回し終わったら、パッと手を離しましょう。

③足の裏をじっくり観察しましょう。まず、土踏まずを見つけたら強めに押してみます。少し痛いくらいがちょうどよいです。押したあとは両手(指)で横に広げていきます。次に、固くなっているかかとを柔らかくしてあげましょう。少し力を入れて丁寧に広げていきます。足の裏全体を広げていくイメージで行ってください。

いかがでしょう?スッキリした感覚になっているのではないでしょうか。足の裏は、その日の体調がとてもわかりやすい場所です。今日は少し痛いな…というときは、時間をかけてマッサージしましょう。

  • セルフふくらはぎマッサージ

①足の甲の血流を流します。両手をグーにして、足の指の方から足首までを強めに押しながら流します。足の甲はむくみが出やすい場所の1つです。

②両手の親指で、軽くプッシュしながら膝下(裏)まで上っていきましょう。間で10回ほどプッシュするのが理想です。同じ動作を2回行います。

③両手をグーにして、足首からふくらはぎまで強めにスライドさせます。リンパを流すイメージで行ってください。前面も同様に、2回ずつ行います。

④固くなっている膝を軽めに、グリグリとマッサージします。これで、足の裏からふくらはぎへのむくみがマシになります。

ストレッチで血流を良くしよう

①まず横になって、足を高くあげます。足首からブラブラとできるだけ大きく揺らし、足の下まで流れてしまった血流を戻します。どうしても時間のない時には、これだけでもとてもスッキリしますよ。

②足を下におろし、足の指にグーっと力を入れて握り、パッと離します。できるだけ全体の指を離すように、グーとパーをしてるイメージで行います。

③膝を曲げて、両腕で抱え込みます。左右順番に行います。太ももの裏を伸ばすイメージで数回行います。

④手で足首を掴み、膝を反対側に曲げます。今度は太ももの前面を伸ばすイメージで行います。

このストレッチは布団に入ってからでもできるので、寝る前ぎりぎりにサッとできます。日中なかなか動かせていない部分を睡眠前にマッサージ・ストレッチする事で、むくみは簡単に解消されます。また、サプリメントはダイエットなどによく用いられる、コレウスフォルスコリなどが手助けをしてくれます。

もちろんサプリメントはお助けマンですので、頼りきらずに、自身でストレッチを欠かさず行いましょう。デスクワークの場合は、座りながら足指を広げてあげたりすると、むくみも少なくなるので靴を脱げる方は是非、実践してください。トイレに行った時にでも、足指グーパーをしてみてください。日中、1回するだけでも大分違います。

むくみを放置しておいて、良い事は1つもありません。常にスッキリとした足でいられるように1日数分、自分の足をメンテナンスしましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事